松坂牛の革財布の素材を調査!カーフは生後6ヶ月くらいの子牛の革

松坂牛の革財布の素材を調査!カーフは生後6ヶ月くらいの子牛の革

国内ではいろんな伝統工芸がありますが、近畿地方の三重県松坂市では室町時代から牛革工芸作りが盛んな地域です。
ここではブランド和牛である松坂牛の飼育も盛んで、以前は牛革を獲得するために肉は廃棄をされていた時代もありましたが、いまでは食肉の方が高い知名度と人気を示しています。
市内で数多くの牧場があり、松坂牛の飼育を実施されています。
簡単にここで、松坂牛を使用した工芸品をご紹介しましょう。
それは革財布であり、昨今では若い世代の男性に高い支持をされています。
計4種類の革で作られますが、もっとも高級品となるのがカーフです。
そのような素材かを述べると、カーフとは生後6ヶ月程度の仔牛となります。
大人になると松坂牛は非常に強度のある肌となり、しなやかさを持たないものとなります。
革財布は自由に開け閉めをしないと使い勝手が悪いので、大人の皮は適しません。
そこで仔牛のものを用いたものを生産しており、各地で販売もしています。

ステア加工をsあれた素敵な松坂牛の革財布

2000年頃から、若い男性の間で革財布が人気アイテムとなっています。
一般的な合成皮革や豚革ではなく、三重県松坂市で飼育をされている松坂牛の皮革を使用したものです。
簡単にこの松坂牛の革財布の概要を解説していきましょう。
もともと松坂では、室町時代から皮革産業が盛んな地域でした。
江戸時代は煙草入れも作られており、地域の地場産業となったわけです。
1900年以降は財布を作られるようになって、現在に至ります。
いろんな商品で構成をされていますが、もっとも高級なものがステア加工をなされたものです。
聞きなれない言葉でしょうが、いわゆる蛇腹織となっているものを指します。
松坂牛は大人の個体だととても硬い肌で、柔軟性は一切ありません。
そこでステア加工をするのですが、タンニン液に約2年間漬け込んだあとで、職人が手作業でなめしてくものです。
財布なら内部でこの処理をされていれば、札の出し入れがとてもスムーズになります。

松坂牛,革財布に関する情報サイト
松坂牛の革財布

このサイトでは、高級食材として全国的に知られているブランド牛のお財布について解説していきます。合わせて人気の松坂牛の革財布に関する様々な雑学などもご紹介します。 また、このサイトでは、カーフと呼ばれている生後6ヶ月くらいの子牛の革に関する情報を詳しくお伝えしていきます。 さらに、このサイトでは、固く丈夫な皮素材といわれているブルについても解説します。この記事を読めば、牛革の様々な知識を身に着けることができます。

Search